スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリザはんは意外と小柄。


大阪ではグランフロントの話題がひとしきり。
友達がその開発プロジェクトをがっつり担当していたので、
関係者チケットで、プレオープンや色んな案内をしてもらえた、ラッキー!

今日も、吉本興業×大阪大学でお届けする「ロボット演劇」に動員のお手伝いがてら観劇。

吉本クリエイティブエージェンシーでなくていいのか、というところからツッコミ開始。
そして平田オリザ脚本ということなんだけど、
ロボットとしての自我(存在意義)に悩む事と、幸せとは人を喜ばせる事なのだろうか、という苦悩がベースになってるぽい。
テーマが同じだなぁと思ったのはアトム。
アトムは見た目も行動も人のようで、そして人から愛されてるんだけど、自分は同じように愛情を返せない、、と悩む事でロボットとは?と人を幸せにすることとは?という二つの悩みを統合している。
そして、自己犠牲によって解決するあたりで、グスコーブドリ(宮沢賢治)と呼応してくるんだけども。
今回のは、ロボットとして扱われているのに人としての愛情を返したい、??って感じに見えたので、何というか
その辺のアジェンダセッティングが揺らいでるよなぁって感じでした。
会場は思った以上に小さなハコでした。


帰りには、世界一展という日本の凄い技術をかき集めて、すごくない感じで展示しているのを見ました。
とにかく、上澄みだから面白くなーい!テーマ展示の終わりを感じさせるわぁ。ストーリー展示にならないところが難しいね。。
トヨタの産業博物館なんてリアルOB技術者が解説してくれるんだから濃度が違うわ。

ラストはワイワイとご飯が食べられるフロアでのーんびりと女子ご飯を堪能。
仕事の話をがつがつ出来るし楽しい話もフフフと出来て、友達だけは自慢です。
よき一日でしたわん

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/2345-ea43dd98

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。