スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しく忙しい映画


ジェイン・オースティンの読書会


恥ずかしながら、この映画で知った。
私の大好きなプライドと偏見(と言っても映画で知っただけ)
の原作作者がジェイン・オースティンだって。
他にもエマとかいろいろ名作古典を執筆なのね。

映画に関する記事恒例の一言感想。

「アナタこの引用の意味分かるでしょ、クスッ」


この映画はタイトルそのままの設定で、
繊細な人間関係から映し出される心の動きをうまく
メタファーとして登場人物たちが会話していく。
共通の言語を持った(もしくは持たない)人との会話が
とてもウィットに富んでいておもわずニヤリ、あはは、うわ〜(泣)、ってなる。
特に「だから犬を飼っているんだ」のシーンはツボでしたわー。
ちょっと文学的な?のが好きな人にはお勧めできます。
かくいう私もすてき女子のブログで知って観てみたので。。
それにしても、この暗黙のルールを共有していて、そこに従いながら
いかにアレンジやイレギュラーを加えてたのしくするか、という事は、
さながらテニスのラリーや一緒に音楽を演奏することのよう。
というか、ひょっとして人間関係自体がそういうものなのでしょうか。
どうなのよ、ねえ。

ちゃんとラリーしてくれなきゃ、誰一人としてスマッシュも打てないし。

そんな事を半分潜在下で考えながら観ていたので笑い転げたり
うぎゃーってなったり、割と忙しかった。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/2316-8d6dc53e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。