深海を覗いてきた。


深海に浮かび上がるアビスのよう!
誰にも気づかれない素早さで息をのみ、冷静に写真をとった。
深い海の底には、太陽の光を浴びる事のない生き物たちが沢山、
生き生きと蠢いていて、それを少し覗いたのかも知れない。
そして自分の中にも彼らと同じ太古の遺伝子があって、気づいたときには
音も光も無い世界にふわりと気持ちよく漂っていた。
それが、先週の出来事。


そのまま海にとどまっていていいのかしら、と逡巡していた。
そこに一筋の泡が湧き上がり、私はよね先生の素晴らしく強くて苦しくて
逃げようの無い言葉を貰った。
はい、美しくなる務めだけですね。
ツイッター侮れない。


わずかに歩く角度を変える。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/2276-242bf0fb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -