美について。

人がニセモノで感動したくない理由は、
そのものに宿る美の問題じゃなく、
「本物に美を見出す自分」という自分に向って
審査される美意識の問題なんじゃないかと思う。

コピー、レプリカ、模写、ニセモノ。
これらがいかに美しく本物を超えていても、本物が与える感動とそれ以外を区別できる自らを求めているんじゃないか。

でも、ほんとうの本当は色々な美があっていいと思う。
そして、それがもっと許容されなくては世界が閉じてしまうと思う。

それには、宇宙の虚空ばりに心を開いてポカンと「空間」をつくり、
赴くこころに従って美を認めるしかないのでは。

真理は、時間の向こう側にすでに用意されているのかも知れない。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/2271-2d12ab8b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -