借り暮らししてる人を、借り暮らししてる人が見た。

どうも、借り暮らしのマイエッティです。


前売り券を数ヶ月前に購入し、期限切れを迎える前に見てこられました。アリエッティ。
真摯に丁寧に作ったという感じ。

ただ、これから見る人へ。
「意外とサスペンス的要素ありますぞ(笑)」


一部ネタばれもアレなので追記へ。
一言感想 「メタファーの読み取りは自分次第。」


・アリエッティが初めて父について「借り(≒狩り)」に出る。
家事を担当する母とは違って、父の仕事を継承するところ、まさに
働く(働き出す)女子に重なって、胸がいっぱいになったと同時に
現代的なモチーフでもあるなぁと感心。
子どものままの無邪気なセージ君(後述)をガツンと叱って
大人にさせるところもまさに!な内容でした。

・冒険をしないことで安全を守ろうとする”無知”に抗う
母は「人間=危険」と極度に恐れ、思考停止。
その小人族に受け継がれてきた思想を打ち破ろうと(無意識に?)
しているアリエッティの姿は、イノベーションの息吹を感じさせて
とてもおもしろかった。
この辺の視点は、ひょっとして仕事環境から来ているかもしれないなぁと自分を振り返りつつ。
小人を捕まえようとする人間を見て「あぁ、利害関係者ね」とか(笑)
これまで、敵対関係(?)にあると考えてきた人間との協調、仲間化は、
もののけ姫でもっとも強く謳われた(と思っている)主張だね。

・綺麗だね。
はい出た。「生きろ、そなたは美しい」なセリフでした。くぅ!

・コミュニケーション不全
アシタカ以来のイケメン(ただし魅力なし)のショウ君
だけどもうほとんどセージ君(from耳をすませば)と
おばあちゃん、家政婦さん(樹木希林)とのすれ違い。
それをつなぐのが小人の話。
もはやコミュニケーション不全を前提として、解消には至らないまま
終わるところが意味深いと思った。


**************************
ここからは気に入った場面など。

・目と目で理解できるなんてのは、漫画やファンタジーの世界なんだけど
セージ君(しつこい!)の黒い輪郭の瞳はとても好きだ。
瞳孔の縁の黒さに反応したことだけここに記しておく。
数年後に見たらさぞおかしいから。

・小人のサイズ設定が怪しい!
などと一緒に見に行ったQちゃんと話しました。

・予告などにはまったく出てこないスピラーの描写が雑!!
あんなウッホウッホキャラかよ。
そして設定はカンタ的な感じでした。

・お父さんがユパ様orナウシカ父(ジル)のようなキャラでステキだった。
どっちかの声にそっくりだったようなーー。

・あの父と母のバランスが不思議。
聡明な母とはいかないなぁ、なかなか。


まだ書きかけだけど感想はこれくらいで。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/2143-a3462db0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -