2010GWの旅①


s-s-R0014419.jpg
旅は青信号!!
s-s-R0014421.jpg
街路樹が松!なんと!

s-s-R0014444.jpg
神様の仮住まい。
本殿はH25年まで修理中ですよー、皆様。
「仮」だとか「本」だとか、信じさせるためのものって何なのか。
それこそが「価値」だと思うんですよね。
今でいうところの付加価値。
もう、出雲大社なんていったらワールドブランド的な価値。
それを維持してきた壮大なる体系化と、建築技術やデザインの高さ
厳格なる「正統性」がミソだと思うの。
今の世の中のブランディングに通用するのか。。
少なくとも建築技術やデザインレベルによって価値を高めている。
そこまで心を尽くすことに価値があると信じているから。

そう思うと、まさに自分のやっている事と同じだなぁと思いました。
出雲大社に負けるわけにはいかんですな。
s-s-R0014452.jpg
この流麗なるライン、庶民の日常じゃ絶対発生しない優雅さ。
雲の上の世界を思わせるのに十分。


とか考えつつ、気楽に見学~~
**************************

s-s-R0014447.jpg
掘っ立て柱が大好きなの?日本人。
どこの密林に生えてるのってくらい太い柱を超贅沢に使用した跡らしい。
赤丸が柱だって。
しかもゆらゆら揺れるもんだから、トランスしやすくなるとか。
s-s-R0014486.jpg
私はここまでの高さは無かったと思うけどなぁー。
そして、左の人がうまいこと階段に乗ってるみたいに見える(笑)

s-s-R0014457.jpg
毎年、わんさか訪れる神様たちの宿泊所。
一人あたりが小さいよ!!
この「てい」をどんどん延長していく感じが楽しい。
とある前提を共有している感覚=同胞感?が宗教の力の源だからね。
強引に言えば「○○芸人」と同じ地平に居る。

s-s-R0014473.jpg
近代建築の別館では、荘厳なる雰囲気の中、リアル挙式(ていうのかな?婚礼の儀?)
が執り行われていました!!
すーげーー。¥どんだけー。
その手前では巨大注連縄に5円玉が刺さったら幸運!などという
ちょっとした祭りに興じるわいわい軍団。
なにこのミスマッチ感。


@そば屋 八雲。
s-s-R0014477.jpg

s-s-R0014478.jpg
出石そばと同じく信州の職人経由で伝播。
のどごし最高にうまい!!
もう一回食べたい~~。
特にとろろバージョンが最高。

s-s-R0014487.jpg
塀が崩壊中の古いおうち。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/2110-3dd4c8aa

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -