スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報あり。

あーー、おねこさんのいない毎日なんてつまらん!!!!

結局はこの一言に尽きる!
rakujitu20100217.jpg

沈んだトーンは追記にて。
中学の頃から10年以上の付き合いになるおねこさんが
本日、お亡くなりになりました。残念。
昨日は私のマーラーカオ取ったのに。

私としては、完全な自信を持ってやりきったという思いがあるので、
これで、悔いが残ってるなんて言った日にはボコりますぞ!(笑)という感じ。

思い返すと、飼い始めて1~2年目のときに、けっこうやんちゃになってきた猫を
よく叱ってたのですよ。お互い子どもだし。
そのときに見た夢が、バイオハザード(←画面をよく見てたw)のような
こわーい感じの部屋にいて、私が猫を叩きすぎですんごく小さく
(手のひらサイズくらい!)になって死んでしまう、というものだった。
あー、怖かった。
そこから、自分の感情として叱ったらダメなんだなぁと学習して
ずっと気をつけながら、そしてずっと大好きでいたのです。
今日は、夢の中のようないやーな気分での結末を迎えなくてホッとした。


そして当人の「こころ」も絶対に私が引き受ける覚悟をしていたので
よく言う「心にぽっかりと穴が」という感覚は無し。
穴が開いてるんだけど、そこにぴったりと嵌っていたものが、「側(がわ)」
の分だけすこしゆるくなったような感じ。

それなのに、とても悲しい気分。まさに大脳皮質ではなくて、
大脳辺縁系を揺らされてるって感じ。
心は絶対にここにもっているのに、不思議だ。

私の考えではおねこさんは無宗教だからお寺でなんか、とかはちょっと
違うよなー、と考えていたんですが、
父曰く「想いだすために、そもそも寺とかはあるんや」的な発言をして
私はちょっと、カチンときましたわい(笑)
「想いだす」もなにも、もとからここにちゃんと持ってるんだから、失礼なこと言わないでよ。
私は今までも、今後のことをずーっと想定してきたんだから!と。
(言ってないけど。をい。)

ちなみに、私のシュミレーションでは、掘り下げてゆくほどに
もはや自分が世界から切り離されてしまう感じだったんですが、
こうなった今、そのような心にはならない!
私は生きていて、動いていて、いろいろしてる!
なんか、、、やっていけるなと思いました。
ハートの弱い人は開けないでね(って過激写真でもないけど。)
一応。
*********************
と、ここまで考えて、
心を呼び覚ます「記憶」を呼びおこすモノを
デジタルでアーカイブしていくこのシステムって、
さっきの「寺」的な機能と近いのではないだろうか、と。
そこでは、一定のルールに従うというより個々人がそれぞれの
「宗教」というか、よりどころ(に思える)ものを生成するんじゃないだろうか。


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/2077-ea73d855

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。