世界は脳の中に広がっている。

51ws12Pc0aL_.jpg
潜水服は蝶の夢を見る


全身麻痺で、心肺機能や脳は問題ないのに、
片目のまばたきでしか表現が出来ない状態、潜水服。
衰えることのないイマジネーション、蝶。
そんな状態の方が書いた自伝を映画化したのがこちら。

一言感想「評価不可能」

ただ、「食事シーンが秀逸」という一言も追加しときます。

そんな状況にも関わらず、まばたきだけでメッセージを伝えることが
すごいんだけど、結局「自伝」を書いたんなら、その本を読まないと感動が半減する。
自伝を映画化っていっても、「この映画のどの部分を書いたのかなぁ」と
終始ぼんやりしてしまいました。
自伝を書くところを映画化してるのか、内容ずばりなのか・・。
もちろん、主人公の心が生に満ちていて、ステキだった・・。
みんなが助けてくれていて、それまでの人生で沢山愛をかけてきた人なんだろうなぁ
と思いました。

秀逸だったのは、レストランでの食事シーン。
沢山の料理が次から次へ運ばれてくるスピーディな感じとか、
すごく美味しそうに食べる牡蠣とか、照明の質感とか、
すーーーごくツボでした。あこがれる!

感動のやり場に困る映画だったなぁ~。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://adress.blog4.fc2.com/tb.php/1787-034b8847

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -