FC2ブログ

笑いの祭典シーズンなので。

久々にお笑いの話でも。

今日は、撮っておいた南海パラダイスに出演の
プラン9を観ました~。
もう、久馬さんが、意中の人物です(笑)
文章にも、発言にも声にも
とにかくやさしい心がかもし出されてて
心やさしき岸和田っ子って感じです。
(意外や意外。)

で、どういう条件で好きになるのかな~と
考えたのですが

第一段階

・パーソナリティーがかもし出されている

その人がどんなキャラで性格なのか、
どんな言葉やしぐさや現象を
面白いと感じてるのか、
分かるような人が好きですね。

だから"ある一人の芸人を演じている"ような人は
好きになれません。
たとえばスケバン京子。(だっけ?)
まぁネタも最低な事含めてですが、
その格好の下にどんなパーソナリティが存在するのか、
以前コンビで音ネタ作ってたやっくんキャラはどこいったのか。
そういうものを抹殺してしまってるところがねぇ~。

同じような意味ではまちゃも、あまり好きじゃなかったけど
木更津女的キャラクターが出てきたので少し好きになってきました。

ようやくすると一人のキャラクターを作り上げて
その中から絶対に本体が出てこないものはNo!
いろんなキャラクターを育てながら本体の
持つ味が出てくる人は好きって事でしょうか。
(でも本体自体も好き嫌いの好みはありますが。)

あと、コンビだとお互いが笑い的に労わってる
感覚が大好き。さまぁ~ずとか中川家とか!


第二段階

・ネタがしっかりしている

たまに(よく?)見かけるのが、ネタをやらせたらひどい
けど、テレビではおいしい役回りをこなせるタイプ・・・。
あまり好感をもてません。
たとえばハリセンボンとか、雨上がりとか。
雨上がりのネタは・・・ひどい!
前、コントを観たんですが
"設定をぶち壊す"発言の笑いしか取れてないんですよね。
まさにテレビ的特性。

ドンドコドンもこの部類に入ってきますが
ぐっさんのあふれ出すエネルギーには降参です。


この2段階のセンサーを越えれば
あとは嗜好の領域ですね。
強いて挙げると、あまりにドメスティックなものは
好きじゃない、下ネタはずるい、とかかな。



ここまで考えてみるとお笑いというのは
創造者と流通が切っても切り離せないといえるかな?
商品はその人自身の味であって
"笑い"はその芸人の手を離れて存在することはできない。
(もちろんグッズなどの商品は関係ない。)
たとえ人のエピソードでも
その人が、例えばおっちょこちょいな性格だったり
する特性があってこそ存在できるもの。

笑いが発生する所と笑いを作り出す人の
空間的・形而上学的(使い方合ってる?)な分離が
発生しないんですねぃ。

これはある意味高度化する消費の渦の中で
きわめて稀なものといえるかも知れない。
だって人なしには量産できないもん!



人の顔が見える


という意味では、野菜などの生産者の顔が見えるのも
Narsという一人の人間に担保されるのも
芸人というパーソナリティーで勝負するのも
同じフィールドなんですね!!


パーソナリティー至上主義、maikoです!
(まとめきれず)

とーごーさん。

昨日の耳鼻科帰り、
ボビィの店頭をうろうろ。
これが楽しくて、わざわざ電車やら
バスやら乗り換えて遠くの耳鼻科に行ってるんですよ。

店頭ではボビィの新ルック撮影シーンをずっと流しているので
あほみたいな顔してみてたんですけど

モデルの肌、汚っ!

あんまり大きな声じゃ言えませんが
なんか、鼻梁の辺りとか頬の内側に
細かめの凹凸がすごいよ?!
真っ黄色に塗りこめた肌に
白熱灯の照明ががんがん当たってたので
出来上がって壁に貼ってある写真は
美肌そのもの!
照明って恐ろしい~。
そしてなによりボビィの提唱する
ヌーディメイク=塗り壁メイク?
(でも商品は魅力的。)

で、チェックしてきたものというと。
コンシーラー トゥゴー
20061222002451.jpg

To goをトゥゴー。
アメリカ英語の発音に近づけられてる(笑)

ボビィの商品に限らずこの価格帯のブランドは
写真>現物ですよねぇ~~。
多分に漏れずこちらも。

店頭でモノ欲し顔してたら
紹介してくれたんですけど、

左の現物、全長およそ5センチ、
付属のブラシ、全長およそ6センチ!

コレクター,コンシーラー,パウダー
がセットなのは嬉しいけど、
このサイズ,もはや小指ですよ!

思わず
「小さっ!いですねぇ~」(←もちろん"ですね"はつけたし。)
と言ったら
「携帯用に作られたんです」だってさ。
紛失するわ!
ブラシの両端も本物サイズより
ふた周りほど小さい・・・。

チーム・ボビィの
マーケティング・戦略スタッフはえげつないよ!!


ただ熊飼育係としてはコレクターは
何より得たいアイテム。
コレクター現品だけよりも、
トゥゴーなら
小さくても一応ブラシが付いてくるから
まず3アイテムそろって使ってみて
コンシーラーと粉は代用できそうなら
コレクター現品にシフトしていってもいいかな・・・と。

もぅ~~。
計算能力が問われます。

ボビィの写真にヒントを得て(?)
たった今Narsのカタログ写真と現品サイズを
比較してみたんですが、

原寸大or写真のほうが小さい

ますます好きっ!
偽り多き世の中に光が!(大袈裟)

ちなみにマルティプルは実物大、
シングルシャドーは実物の方が1.1倍ほどのサイズ
デュオは現物の方が2~3割大きい・・・かな。



さてお次は写真左手のイプサチーク。
バーサタイルなどハイテクニックブランド
のイメージが強かったイプサも
一時期ポップを目指そうとして
落ち込んでましたが、
最近再び"イプサライザー至上主義(顔のデータ測定器)"
になってから、とにかくロジカルに!ロジカルに!
理論的に組み立てるられたメイクグッズが人気のようです。
(私の場合、決められた色以外も素敵
そうなのでちょっと自由が利かない感覚ですが。)
顔の情報から理論的に立ち上げたアイテムは
どれもセットものなので
のんちゃんなんかはきっと気に入ると思います。
カウンセリングも丁寧な印象あり。



P・S 偶然Lineさんの記事でボビィのジェルライナーが
載ってていまさらながら
「やっぱり乾燥しまくる代物なのか・・・」と
知りました。私のはもう寿命尽きてたミイラだったんですね・・・
ちなみに専用ブラシもボソボソになってしまって
植物人間です。(人間?)

Pagination

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -