スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書かねば寝れぬ。

うぅ~。
猛烈に眠いです。

あ、昨日買ったチョッキ、
高めの位置に黒いリボン風ベルトしたら
なかなか使えました☆
どこにもなさそうな丈と
肩のラインが素敵!

明日は休みまして
「薬指の標本」を見に行ってきます。
公開がたったの2週間って、殺生な~。

今日は復習に文庫本の方を途中まで読みました。



ところで、クリームチークなのに
メイク落とす頃には飛んでるってどういうことでしょう?
粉じゃあるまいに、なぜ・・・。
スポンサーサイト

買っちゃうよ

耳鼻科帰りに服を買う女、maikoです
20061129020936.jpg

スニーカーを買いに行ったつもりが
目当ての品はサイズが合わず
なぜか70年代のチョッキを購入。
写真では伝わりにくいけど、いわゆるチョッキサイズよりもかなり大きめです。
ぎりぎりワンピースとは言えない丈ですけど、
ベルトでウエストマーク+ジーンズor黒のミニフレアスカート
なんかと合わせてもかわいいと思います!
(ミニは持ってないけど)
できればデコルテあたりの取り合わせをスクエア型に改造したいけど
そんなテクは無いのでこのままで。
Ovalという古着屋さんが今だけ全品半額(!)だったので3000円でゲットっ!!ラッキー

なーずのメイクイベント情報を集めていたら常連さんのブログでは毎回ちょっとしたプレゼントをアーティストにあげているそうな!!
それは良いね~
私もUzoさんに何か用意しようかしら。
日本的な美はやはり
二次元的美しさだと思うので、扇子とか風呂敷…?
しかし、そこまで値の張るものを渡す事もないし、
かといっていかにもな日本みやげは持ってるか、いらないだろうし…
うむむ~
着物グッズ的なもの無いかな?

山茶花梅雨

ここ数日、雨が続いておりますね。
サザンカ梅雨というそうですね。
これを越せば冬,とのことですが
今日は何故か気温は高かった。

雨の日は湿気が多いので
パウダーファンデをつけた方が
バランスがよさそうです、印象の。
今日はそんな事にはつゆも気づかず
普通にコンシーラー+ハイライト+粉
ですごし、気づけばやたらウェットな質感・・・。

霊じゃないんだから!

セルフつっこみ。

今日も夕方からは耳鼻科へ行って
帰りにパンを買って。
晩はオニオンスープにバゲットを焼いて
浮かべて。
他のおかずがマグロ刺身、水菜とハムのサラダ、
茶碗蒸し、だけどそこはスルーです。
その辺はデリカシー無く、がしがし食べます、はい。

Narsメイクイベントは今週に迫ってきました!
だのに、調子に乗って、頬の毛穴詰まりを押し出して
にきび跡的なものが・・・。
あわわわわ~。

なぬっ!?

main_eyebrightener.jpg

やってくれますね。ナーズは。
また新しいのがあるじゃないですか。

カブキブラシはまだ日本上陸の噂も無いし、
これも海を渡ってくるのはだいぶ先かな?

ところでナーズって一体何歳なんだ?
写真では20代のかっこいい感じですが
本中で
「この25年間の活動の中で・・・」と。

ん?!
25年も活動してんのかい?
本が出たのが2001年。
ということは、かれこれ30年はメイクの仕事をしているのか。
となると確実に50代?

うわ~、イメージ無いわ~。
まぁ、島ひとつ持ってるくらいだから、ねぇ。

しっかし、よく考えたら30年くらい先、
ナーズが無くなるなんて事が
起こるのかも!?
もしくはシャネルとかのように誰かが引き継ぐのか?!
どうなるのかしら!
今から気にしてもしょうがないけど。

ところで激惚れリップの成分は
・ライン ボルネオ
・リップスティック マンハッタン、ピガレ(Pigalle)
だそう。

マレーシアの島に、マンハッタン島とW島ですが
ピガレって何?
と思ったら


Pigalle
B0001I54RA.01-A4D5YUCGK9W9X._AA260_SCLZZZZZZZ_V35935090_.jpg



でたーー!
ナーズお得意の、古きシネマカラー!
なんだかどきつそうな映画でございますな。


ほっこりもクソも無い

今日は久々に昼まで睡眠。
珍しく一階でねこさんと寝てたのですが
6:12に起こされ(起きた瞬間時計を見る習性あり)
ご飯を上げたらそそくさと二階へ上って行き
母の布団にinしやがりました!!
っちぇ、っちぇ!気取ってやんの!

昼過ぎに起きて、村上春樹を読みつつ
ナーズを読みつつまったりDay。

夕方、晩御飯はキムチ鍋だという情報を聞いて
ちょっくら作り出そうかなと
冷蔵庫を開けると

・キムチ無し(キムチ鍋用スープのみ)
・鶏肉無し(豚ヒレブロックのみ)
・きのこ無し
・白菜無し


は?

肉無しですか?
「豚肉をスライスすればいいやん」て
冗談ですか?笑えないわ。
その前にも、ご飯がほとんど無いとか
おやつ食べようとしたら何も無いとか、
茶渋が汚いから激落ち(メラミンスポンジ)
を出してくれといったら、洗面所で使ってるの
使えばいいやろ、とか言い出してきて、
頭にきてた訳です。

文句言うと、
「それやったら自分で買ってくればいいやろ」
とか言うので、
雨の中、携帯持たずに徒歩で買いに行きました。
とりあえず、神経を鎮めるために、ちょっと距離のある
ブックオフまで行って、ウロウロしてから
鶏肉と舞茸ともやしなどを買って、
家と反対方向にあるドラッグストアで
メラミン買って、ついでに明日の昼ごはん用レトルトでも買うか~
と気分が少し晴れてきたところで
なぜか父が・・・。

軽く捕獲されて(?)帰ってきたわけですが、
気分をスッとさせるために出たのに
自分のタイミングを奪われてしまい
逆にまた不愉快。
自分のリズムは自分でしか作れません。
maikoの一分です。
という訳で、帰宅後もずーっと不愉快ながら
鍋食って、衝動的にクッキー焼いて
(案の定というか、旨くも無かった)
気持ちの座りが悪いまま一日終了。

まったく、ろくなことないですな。

ナーズの本を見てると卒倒しそうなほど
かわいいリップがあって、
癒されまくりで、猫さんとナーズが唯一の救いです。

男前キャラに対する見解。

どうも、謎のディレクター目線、maikoです。


のだめでの、玉木の違和感。
これが引っかかってしょうがない。
怒り方がマジっぽいのが一番違和感があるのよね~
千秋さま(え?)は、なんだかんだ言って
人情味溢れるキャラなんだから
怒るといっても遊び怒りにしてもらわないと困る。
顔をヒクヒクさせるシーンも違う!
私だったら絶対あぁは演じないのになぁ。

あと顔も"いかにも男前"じゃないのでは?(言っちゃった)
千秋ならストレートな男前顔がはまるのになぁ。


と、ずーっと考えていて
演技の出来具合はともかく雰囲気や
顔の系統からして

徳井が良いのではないか,と。


えぇ、チュートリアルの。
正統派キレイ顔、ちょっとぶっ飛んだところ、
コミカルなシーンにも対応可。
ただ問題は、演技力だよなぁー
と思っていたら、
すでにドラマに出てるじゃないですか?!

アンナのおまめ 

まぁ、月9に持ってくるのは難しいだろうけど
純粋にキャスティングするなら、
徳井を押すね。



話は変わって、先日チェックしてきた
narsのリップは、発色良し(不透明度60~70%位)
ツヤ系リップに比べるとソフトな質感だと思われます。
なんというか、昔の白黒映画で使われてそうな
自然なツヤ感。
ただ濃い色ほどマット寄り、薄い色ほどリップクリームのように
柔らかい印象でございます~。

かくいう私は、四六時中鼻かんでるので
moonfleetを全然付けれません!
きらきらグロスの落とし穴が・・・。
ちなみにmoonfleetは、下の色を全く弱めずにゴールドが
乗っかってきます。ラブ!



P・S
今日のうれしかったこと。
帰りに豆乳ドーナツ(10個)を買ったら
閉店直前だったからか
「形が悪かったので多めに入れときました」
と、14,5個入ってた~
ラッキー!

みらくるプランツ

せっかく書いた記事が、IEのエラーによって
ぱぁになってしまったので、むかっ腹ですが
書き直してます。


今日は珍しく"例の"母と行動です。
20061124002558.jpg

本日のメイン。


人呼んで、花の建築家
私呼んで、ベルギーの假屋崎省吾


建築家と呼ぶにふさわしい構築的なフォルムを
大胆にも植物を使って作り出してしまいます!

会場となった建物はシンプルな正方形平面。
中に入ると、いきなり頭上に枯葉をぎゅっと
重ねたアーチがお出迎え。
アーチといえば「建築」の英語の語源でもあり
レンガでの積石造を思わせる枯葉のボリューム感
は、西洋っぽい感性だなーと思いました。

全体を通して、このボリューム感が
外国っぽさを感じさせました。

作品は、建築空間にマッチするよう
配置されていて、大きな空間にはどどーんとした
作品を、小さな空間には、小さな作品を配置。
そして、柱と柱の間を一つの単位として
並べるところにニッチ的な感覚を
感じました。
柱間をモジュールとする置き方は
とてもすんなりしてて、心地よく
「この空間に親しんできたわ。」
と改めて実感しました。
小さな作品は、お寺に元々あったであろう
木の古ぼけた机に乗っていて、
空間、背景の持つストーリーに
自然に寄り添ってゆこうとする
意図が感じられて素敵でした。


私が一番気に入ったのは、
壁に吊られた作品で、
錆び付いたトタンの波板に
厚いコケがくっついていて、
コケのいたるところに柿(!)が
コロンと顔をのぞかせている2対の
作品。

ふかふかした緑のコケと錆びた板の侘びと、
つるんとした質感、鮮やかなオレンジの柿が
対比していて、リズミカルなワビサビって感じでした。
普段食べる柿がこんな風に使われるというのも
驚きです。


宣伝用の写真やチラシでは
ストイックな作風のものがたくさんあるけど
実際は、もっとフレッシュなものもたくさんありました。
シシ神さまの歩く足元を思わせるような
深いコケに覆われた幻想的な作品や、
曼荼羅を思わせる葦(?)でできた球体を
ゆりの花がナチュラルに覆っている作品など。

今回の東寺も、以前展示をした仁和寺も
真言宗。
禅宗の枯山水のようにストイックで
真空のような世界の表現とは違って、
曼荼羅で表されるように、中身の詰まった
表現によって世界を記そうとする姿勢は
今回の展示に共通するもの。(父談)

受け売りですけど(笑)




とにかく、とても充実した展示でした。

-sIMG_3287.jpg

ついでに撮った東寺の一部。
-sIMG_3284.jpg

行く途中で見つけたナイスな扉。

まいちゃんねる

20061123013416
この猫しゃんかわいすぎっ!!
この遊び心に思わず即買い。
タイツに2500円だけど後悔無しっ☆
(ミスティックにて)
もひとつ、古着屋さんで綺麗な形のワンピースを即買い!!

ナーズという門=英語入門

今日の話題も偏っててすいません。
・narsネタ
・鼻ネタ

さいてー。


narsで今度メイクしてもらう方の情報を調べていたら
こんなサイトを発見。
Uzoさんへのインタビュー。
ていうかUzoって名前なのに、女だったとは!
加山雄三か西山卯三的に、ウゾウ氏が来ると思ってたよ。

こちらのサイトは早速印刷して、
明日から電車内でちょこちょこ解読です。
電子手帳必須ですけど(悲しい)

それにしてもnarsのはまり方が
変わってるわ~、私。



今日もトータルリコール行って来たんですが
軽く鼻風邪ひいてるらしい!
どおりで寒気がすると思ったよ。
でもでも、薄着スタイルに憧れてるのに~。
やっぱり薄くて暖かいものを探さないと。


あ、そうそう、ここ数日すこぶるお肌の調子が良くてうれしい。
整理中だから?
手触りがつるつる♪

ですが、いつも気になる毛穴の開き、詰まり、頬の赤み、
そして最大の悩み、どんより青クマは、
まったく消える気配がありません。
ひょっとしてこれがデフォルト?!
これらを失くそうとするほうが
間違ってるのかも。

ということで、コンシーラーのみの
ノーファンデを決行してみました。
クマはもうどうしようもないのですが
それ以外は、案外隠れるものです。
それに、ファンデを塗らない分、
肌のツヤが活きる!生きろ!

の前に、寝ようっと。


(走り書きなので、ひどい文章です。
お目汚しすまんっ)


あ、クッキー作りたい!

追跡調査


電子辞書片手にナーズ本を繰るのがお休み前の楽しみになりそうです。
冒頭の文章を、よく読んでみるとなかなか良い事書いてあります!
雑誌等でよくある、
「beforeを冴えない見せ方にしてメイク後の写真だけ笑顔、明るい服にヘアメイク、ひどいときにはのコンピューター処理」
はしない。という批判精神!!
私も高校生の時に疑問に思ったことが
きっちり処理されています

あ、昨日購入したグロスをうきうきで付け
一日過ごしたのですが
昼にかがみを見ると、
ラメが…飛び散ってる!?
そして全く取れない!!

粉ものじゃあるまいし、なぜっ!!
と思ったら、四六時中鼻かんでたのが
原因のよう…

しまった~

これは誤算。化粧品の性能云々より
トータルリコールで治すしかない …
そのトータルリコールですが、
あれは 恥辱プレーですか?
どMじゃないと無理だろうな~

コスメ閾値?

もう、度が過ぎる。
化粧品に対する自分のボルテージが。
でも、普通を超えた熱意こそ
「趣味」の証拠。

ただし、金を喰う。


今日は、私、norikoさん、そしてその友人で
コスメカウンター右往左往。
大丸と阪急、2往復。

途中で靴のホックが取れました!
破損しちゃいました。


norikoさんの友人はコスメに関して
全く造詣が無いとの事で、
結構まる投げ状態でアドバイスをお任せされたのですが、
「あれを買え、これを買え」
なコスメカウンターの
姿勢に対して(narsはこの点が薄くて良い。)
貧乏人、私ならではの
「いかに少ないアイテムで希望を実現するか」
という視点でのアドバイスは
なかなか無いらしく、
ブランドの枠を超えて選んだり、
安いものでも代用できる方法を考えたり、
消費者側の視点は有用かも知れません。
(だから@cosmeが流行ってるわけですが。)
それに、良いからといって高いものをむやみに買わせるのは
コスメに対するその人のテンションを下げることにも
なりかねないので、予算の概念があるコメンテーターとして
やっていきたいです。(?)



コスメ関連の記事は別に書いたのですが
今日、がっつり散在してみて

「そろそろ化粧品に対するエネルギーが閾値かも」
(そしてお財布も・・・)


と思い始めました。
化粧する楽しさも十分分かったし、
ある程度のアイテムは一通りゲット済み。
アイテム選びも自分なりの観点をもてた、と思う。

このまま化粧品を買い漁っても

「化粧する楽しさ ではなく、 化粧品を買う 行為」

の方が多く積み重なって行く気がしてきました。
ただ、お肌がきれいになることは継続して
努力してゆかなくては、ゼンッゼンいけてません。
だから、しばらくはナーズ本でお勉強して手持ちを
さらに活かしてゆこうと思うので
色物コスメを買う事が少なくなるかも
知れません。



とかいいつつ、
月Narsのメイクイベントに
参加しちゃうんですけどーーー
!(大オチ)

Uzoにメイクしてもらっちゃいます。
やばい、こんなフェイスで公衆の面前には立てませぬ・・・
そのためにもお肌をどうにかぁぁ。

散在ナーザーズ

今日は、化粧品を買いに!
というか

nars本を買いに!!


これがメインです。



-sIMG_3266.jpg

ご存知 Make up your mind
ナーズ自身のメイク本。
「はじめに」の文章では
やってはならない10か条があり
それを訳しながら読み進めるだけでも
ひぃひぃ言っておりますが、
やはり楽しい。

10か条の最後は

・Don't be too serious. It's only make-up!

肩の力の抜ける、風通しのよさがgood!!

本のほとんどはメイク前の顔(左)
透明シートのページ、メイク後の顔(右)
で構成されていて、
透明シートをメイク後の写真に載せることで
どの部分に何を使ったか
すっかり分かってしまいます。

このパターンがずーっと並んでるだけかと思ったら
一応章立てがあるみたいで、
最初は 「アイライン7変化シリーズ」(←勝手に命名)
で、章の終わりには、
さらに細かい作り方が文章で載っていて
飽きずに眺める事が出来ます。

アヴァンギャルドなガッツリメイクもあれば
フェアリーな純白メイクもあり、
「受けがいい」とか「きっちり見える」
といった日常の視点を超えて、
顔を変える、という行為の原点にある
呪術的要素、精神的変化をもたらすような
ある意味まじない的な要素満載です。

日常生活の尺度を軽やかに越えている点で
すばらしい本であり、
メイクのお手本に、日常でも使える要素満載と
いう点で、素晴らしいハウツー本です。

重いけど!

そして、まだ続きます。


narsにて先月から狙っていたクリームシャドー2821。
-sIMG_3269.jpg

見た目は普通の薄ピンクですが
ベースカラーはグレー!
横顔やふとした時の斜め角度だと
陰影ができて、とてもキレイなのです!
私のようなアイホールの凹凸が小さい人には向いてると思います。
着物メイクにもよさげ!!


そして新色リップグロス 1632 moon fleet
-sIMG_3272.jpg


きらっきらの大粒ラメ!
だけど一昔前のラメみたいに反射しないときは
汚ない、という事が無いのです。
シルバーとゴールドが半々位かな?
ベース液は一瞬「緑っぽい?」と思うけど
広げてみると間違いなく透明。
-sIMG_3276.jpg

伝わらないなぁ,きらっきら感。

最近は日本での発売でも色名が入ってますが
fleetって何だろうと調べたところ
・艦隊
・戦隊
・入り江
・速い
などの意味があっておそらく「月の艦隊」ってところでしょうか。


But!!!

narsのイメージするmoon fleetはどうやら
こちらの、1955年の映画からだと
思います。
同サイトから内容拝借。

Summary for Moonfleet (1955)
Somewhere in the 18th century Great Britain,
noble but penniless young boy John Mohune
is sent by his dying mother to Moonfleet,
to put himself under the protection of
a certain Jeremy Fox.
The boy discovers that Fox is both
a former lover of his mother and
the leader of a gang of buccaneers.
A strange friendship grows as their adventures go on.


ん?少年が?どうなったの?
母親が死ぬのの?
なんとかフォックスが?
リーダーかつ母親思いの人と奇妙な交流を描く・・・??

読・解・力!!
無さすぎ!!


もうがっくしです。借りて見るしかないね、この映画は。
そしてこの映画の原作自体はおそらくアメリカでは有名な
冒険小説のようです。
アマゾンで検索したらなんと200円程度で売ってたYO!
ユーズドだから送料いれても500円しない?!
おぉっと。
こんな風にナーズの商品から立ち上る背景は無限に広がります。
そこがまた素敵。




あぁ、コスメの話題でしたね。
続く~↓

シュワちゃん体験。と鞄を探すはなし

今日も耳鼻科ネタで申し訳ないんですが、
あれはもう、治療というよりトータル・リコール
最盛期のシュワちゃんですよ。

そろそろ携帯を替えたいけど、
ほしいような型が見つかりません。

最近、自分の中で

「ほしい物がある。 のに ほしい物が無い。」

という事がしょっちゅうです。

たとえば鞄。
ずーっと日常用のを買いたいと思いつつも

・毎日使える
・丈夫さ(特に雨,色落ち)
・かさばらない
・中身がぐちゃぐちゃにならない
・ちょっと遊び心のきいたもの
・エレガンス過ぎず、シックなもの

といったデザインでどうにか出せる範囲の
価格の鞄に出会えません。

コーチやらグッチの高級系は
モノが丈夫で縫製がしっかりしているだろう
事は予想が付くけど、
人とかぶりまくりで、全然面白くない。
(ていうか高くて買えませんが、
もし買えても買わない。)

以前、街で(あの鞄素敵!)と思ったのが
すべてハンティング・ワールドの鞄で
当時はそんなブランド知らずに、
どこで売ってるのか調べたら、
なんと一つ10万もするじゃないですか。
鼻血を噴いて倒れました。


おしゃれ系(?)のエディターズバッグは
機能性は高そうだけど、
こちらもいかにも、でダサい。


服屋さんで鞄を見たりしても、
結局、

袋+持ち手

という構造。
今の鞄は、素材やスタッズ使いや
色、柄の変化しかないなぁ~。
まったく面白みが無い!!
鞄って靴に比べて意外と保守的!
もっと抜本的な変化がほしいのに~。


そんな折、今年の夏はにわかに
「風呂敷ブーム」が起こりそうだったし、
私も鞄として活用しようと
一枚買ったのですが、いかんせん
中身がぽろぽろこぼれる。
挙句には、結び目が解ける。
これじゃあ駄目だわ~、ということで
四角く畳まれ眠っている状況です。


どなたか、これ面白いよ!という鞄があれば
教えてください。
一点もの、手作りもの、リアルレトロには
とても惹かれるはず!

不毛ーク

下請けの下請け。
談合に談合。

いいなりの、いいなり。

社会的にはそんなポジションです、こんばんは。

下請けに出すって事はつまり、
その仕事量に見合うだけの人手や技術知識が無い or コストに見合わない
にも関わらずコネクション的、利害的に請け負わざるを得ない仕事って事ですよね。

社会構造が間接的になりすぎて
おかしくなっている~
しかし、丸投げした方が安くあがるってどういう事?!
うちらの給与は、実は不当に低く抑えられている!!
しかも構造的に!!

フリーターが増加するのも訳無いね。
安くあげようとする手段なんだもの!!

これに関してさらに腹立たしいことに、
仕事を持ってくる方が立場が上 で
実際に図面を引いて構造を考える現場サイドは、ころころ変わる指示に右往左往。

そのまた指示下にいる私は、
もっと東奔西走。(意味違うけど)

今日なんて午前中に修正した80枚の図面が
新しいものに上書きされ、全く同じ作業を午後からやり直し。

この連鎖は……不毛すぎる。
不毛ワークだ。
略して不毛ーク。

一方で談合と言っても、賄賂がらみなイメージとは違って、
高い技術、知識、設計力が求められる仕事の場合や
確かな施工性をもった業者じゃないとできない物件の場合(文化財とか)
談合しとかないと、
とんでもない駄作に仕上がってしまう、という事情もあるみたい。

服と福は両立できる?

ステラ・マッカートニーが、動物愛護の視点から

「リアルファー、レザーを使わない」

宣言をしていると知って少し感心していたのですが、
よく考えたら、
フェイクファーを作るのだって ほぼ石油からだから
別に良くもないだろう、と思い始めました。
つまり
動物愛護と環境保護は別物である

という事。
ファーをとる為にウサギやなんかを飼育すれば良い、という訳では決してないですが
いくらフェイクを使ったところで、
それを作るために石油が燃やされ、工場が作られ稼働してるのだったら、
あまり意味が無くなってくるのでは?と。

それよりも、ファッション業界に潜む闇、
(安い労働力への還元率の低さとか、原料地の環境負荷とか?)にメスを入れてほしいものです。

世界規模のメゾンの真ん中にいてそれをやるというのは
すべてをひっくり返す事になるだろうけど、
あの子はやれる子だ。(笑)

しかし
サステナブル思想と
常に新しい情報を売る消費文化の華にはやはり矛盾がありすぎるか…

きちっとこなして、サッと退出

寝坊しちゃってヒイヒイ言いながら事務所へ行ったら無人でした。…

残っていた作業を一人淡々と進め、
不在連絡票が入っていた荷物を受け取り、
コーヒー飲みつつまったりと。
電話が何件か鳴り、
新たな作業を指示されましたが
それも夕方には完成。
事務所の戸締まりをして五時に退散。
15分歩いて大きなバス停へゆき
20分ほどバスに揺られ降りてからまた15分歩いて
ようやく耳鼻科へ到着。

今日もハナに長い棒をつっこまれ…
この痛さは、「JM」か「マトリックス」の首筋や頭に差し込むプラグを連想させます。
あ、考えたらキアヌは挿されてばっかりですね(笑)

地味に恥辱ぷれいな治療ですが
治ったら、血行がスムーズになってクマも改善されるかも!!
と淡い期待を抱いてます。

ここ最近鞄には新書が三冊入っているのですが、
今日はその内の
「「街的」ということ」を読んでいました。
著者は元「ミーツ」(京阪神の雑誌)の編集長。
リージョナルな視点、場の雰囲気をそのまま映し出そうとする雑誌づくりの姿勢、なかなか深い。
「都会」と「街」は別物である
と明言し街のライブ感をポジティブにとらえた魅力的な考えです
私も
「街場」という言葉を卒論で書いたなあ~

大丸幼稚園生

バイトをお休みして
(もちろん昼まで熟睡して)
耳鼻科へ行ってきました。

三条にあって結構遠いのですが、
良いと評判のところまで。

夕方の受付開始と同時にばっちり入ったので
待ち時間はほとんどなくすぐに
診療室へ。
(もちろん、昼過ぎに四条へ行き
shin-bi(サイドバー参照)でウィンドウショッピング、
なか卯でハイカラうどんという定番コースを
経てです)


診察終わって、雨の中しばし街ブラ。
実は買いたい服のイメージがあって
その条件に合いそうな服を探しまくってました。

そのイメージってのが

・ウールのワンピース(膝上位の丈)
・クルーネック
・8分袖
・色は赤かオレンジなど鮮やかなもの
・何色か細かい模様もあるもの
・薄っぺらいウールではなく多少もんわりと毛糸感があるのに
上に重ねられる程度のざっくり感。(平織りのウール)


こんな感じです。
しかし、イメージにぴったりのものどころか
ニットワンピといえばポンチョやモノトーンか
ダークトーンの前ボタンタイプしかない!

イメージがリアルすぎると逆に
見つかる可能性はゼロに近いみたい~。
なぜこんな詳細なイメージかというと・・・
のだめの着てたニットワンピ!!
とんでもなくかわいい!
フォークロアなのにくどくない☆
どこのじゃ~~?!とネット探索していると
どうやら月刊ザ・テレビジョン
でドラマファッション特集が。
よし、まずは明日立ち読みから。

ワンピ探しの中で古着屋さんを巡ってると
ペロリという古着屋さんで神戸系?な感じだけど
かわいい服を発見!
20061115004711.jpg

普段の私なら「これはオネエやろ~」
とスルーですが、これが古着という不思議。
そして襟のフェイクファーが高密度できもちぃ~
そしてそして、
驚いたことに

made in Guatemala

グァテマラでなぜにこのデザイン?!
これはある意味おいしいです!!
他を古着のグラフィカルなスカートとあわせれば
使えそう!
ということで購入してみました。
驚愕の1980円!viva!






しかし、耳鼻科って
中世っぽさを感じる治療風景ですね。
外科や脳外科のようなハイテクっぽさも無く、
内科やリハビリのような
アットホーム(?)な雰囲気も無く。

そう感じました。
あんまりビューテイな話でもないので追記へ。

映画の付箋

結構好きな作家、小川洋子さんの
薬指の標本が映画化されたので観に行こうと思っているのですが・・・

せっかくのちょい笑い要素”「弟子丸」氏”
は消えてしまうのかしら。

そして主人公の胸元こんなセクシーなの!?
そこは違うだろっと思いつつ。
あと靴もけっこうがっしりしたローファーのイメージだったのになぁ。

クロスポイント

月曜の朝はほんとにきつい。
布団から出る時間が日に日に延びております。
昨日なんて足冷えすぎで
ミニ電気カーペットを足元に入れても
1時間近く体が冷え切ってて寝付けませんでした。

まぁどーして湯冷めしたかというと
ブログ書いたりネットしてたから☆

とまぁいつもどおりバイトへ。
今日はA2の図面を200枚もコピーし
(しかもA2を2枚ずつ、A3を1枚。やりにくい!)
ちょっぴり手のひらを紙で切ってしまいました。

その作業が大変で結局昼ごはんを食べれたのは
3時前でした~~・




さて、今日はテレビネタと音楽ネタの交点にある様子。
だって
のだめカンタービレで
ラフマニノフ&ラプソディー!」


なんと!
私の大好きな曲が二つも連続!!
以前そんさんに貸してもらったラフマニノフを聞いてから
もう心が揺り動かされっぱなし。

あの、
深く沈んだ悲しみとか絶望を抱えているのにそれでも
命を搾り出そうとするような情念!

いつ聞いても涙が溢れそうな気持ちになるので
逆に聞き流しできません(笑)

いつもCDを聞いてると冒頭のピアノ低音や
オケの静かな部分が正直あまり聞こえないので
(聞こうとすると音量がでかくなってしまう)
テレビでは、いつもと違う聞こえ方で新鮮でした。
それにピアノパート部分だけで聞くことも出来たので
本当に良かった!
(今アマゾンでそんさんから借りたCDを検索したけど
出てこなかった・・・。見つけたら教えてください~。)

ラプソディーはほんとに大好きな曲。
大胆で、色彩鮮やかで洒落てる感じ。
ガーシュウィンいいわ~。
のだめでは、いつもむちゃくちゃにカットされてるので
ちゃんとしたバージョンで聞きなおしたい。
ていうか演奏したい~~。


追記はどうでも良い晩御飯。

冷え性と芸術の秋。ていうか冬。

いや~、昨日は舌の側面奥に出来た
口内炎が歯に当たって、痛くて痛くて
しゃべることもままならず。
しゃべれない状態だと、不思議とブログを
書くテンションももてずに
ただただ口の中にコットン詰めておりました。

うがいをすれば切れるような痛さで
大変でしたよ。
今日たくさん寝たのでだいぶマシに
なりました。けど
油断して喋るとまた当たって痛いです。


今日は気温11度の中自転車で
買ってきました。
アルビオン エクサージュ モイストバランスミルクⅡ

-sIMG_3255.jpg


定番中の定番商品。
以前使っておりましたが金欠に見舞われ
離別しておりました。
ひさびさのご対面、
パッケージがリニューアルしてました。

出すと不透明度100%の濃い・しっかり乳液なのに
肌に乗せるとどんどん吸い込まれてゆきます。

「あの液体はどこに?!」

顔&手のひら。

以前よりもワンプッシュの量が多くなったような。
コットンで取って使うと2プッシュでも物足りない。
手のひらなら1プッシュで適量。

当然手でゆきますがな。


おかしぃなぁー、前は手で伸ばすとべたつく気がしたけど。
肌が無言で歳を重ねているのか(悲)


そしてもう一つ。

リサーチフェアをリサーチ。

今日はバイトをお休みして
大学のリサーチフェアなるものを見に行ってきました。

(ちなみに私があくまで「バイト」と言い張り
「仕事」とは書かない事は秘密。)


リサーチフェアってのは
要はプチ・卒論発表会で
3回生メインの演習授業での内容発表でございました。
行ったらもう昼過ぎで、着くなり学食でさもしく
コープランチを食べた事は省略。

せっかく行ったのに、感想としては


内容浅っっ! 

3回生と聞いて、悪い意味で安心。

ポスターでの発表の人、グループもいたし
卒論発表会のようにパワポなどを使った
口頭発表もあり、数はかなり多かった。
主に、名前を間違えてた先生のゼミ発表を
静かに聴いておりました。
キャンパス内を改造する建築設計もあったのですが
なんか、目を当てられない感じで・・・(自粛)

水中座布団

夢の話です。

烏丸通りに運河が流れていて
水深60センチ程、川幅は6m位。
道の場所がすべて河になってました。

両岸も底面も石積でかなり新しいっぽかった。
でも
一条通りあたり、北の上流までゆくと
木の舟、船着き場、柳の並ぶ川縁で
まさに江戸コント。

水の中に入ると
かなり流れが強い。
倒れそうになりながら、水底にあるものを拾い上げると、

うちの座布団でした。
紺色のやつ。
謎すぎる。

布冷え王子の到来。

昨日から、

寒っっっ!!!

やばい~
昼時のひだまり以外は何を触ってもヒヤっとします。
暖かく包む為の布が
そっぽを向く悲しさ。
これを「布冷え」と呼んでおります

寝るときは足下にミニサイズの電気カーペットが必須です。
外からの冷気を遮断するために雨戸も閉めたいところですが
朝起きれなくなるので東向きは無防備な状態。

あ、今日は帰り道にあるラーメン屋に一人で寄ってきました。
前から気になってたのですが、外で晩ご飯を食べる場合は
事前予告を強いられるので、少しおっくうなのです。
これが実家暮らしの面倒な点ですね。

で、その台湾ラーメンは店号が「屋台」だけどこぎれいで新しい店舗です。
京都ラーメンと台湾ラーメンの融合がコンセプトらしい。
だしの効いた薄味スープの底に醤油たれ系スープが眠っているのはその為なのか。
ピリ辛で好きな味でしたよ。
麺は細め、ちょい堅めで、こちらも好みにばっちり。
もう少しモヤシが多ければ良いな~

ラーメンとかお好み焼きののようなB級グルメって
バイオリズムに組み込まれてるのかしらね~
次はお好み焼きが食べたいぞよ。

追伸 ナーズのあの子達、11月15日発売!!よしっ 散財確信。

ちなみに今、ハイライトパウダー候補が

ナーズ アルバトロス

インウイアイディー フェイスカラー(?)

エプリス レインボーヴェール

アルバトロスの発売日後に買いにいくか、
でも今アイディーでシャドーとグロスとの現品セットあるしなあ~~
と迷走中でございます

♪猫たれ命の女です~

どうやら私は『ねこ大好き人間』と
思われてるようですが、
猫好きというより、
"うちの"猫が好き なのです。

そりゃあ野良猫とか、よその子猫ちゃんも
かぁぃぃ~ですけど、
猫イラストにも多少反応しますけども、


男好きというより、特定の人が好き


というと分かっていただけるかしら。
そんな感じです。

ねこしゃん(not総称、固有名詞、個人名)
がいるから早く帰ろうと思うし、
おなかに乗せてダラダラとテレビ見て
布団に入ってお互いに暖をとるのですよ。

だって奴は、
私にはドチカラれるような事はしない、
ずる賢い、もといお利口さんなのですよ。
それになんといっても温度と肌触りが最高。

最高級の毛ですよ、ありゃあ。



近頃は「アンゴラ60%混ちゃーん」
と呼んでおりますもの。


本絵を買いました。

八月の路上に捨てる 伊藤たかみ
4163254005.01._SCMZZZZZZZ_V60513044_.jpg



受賞してからこのタイムラグで
しかもジャケ買い。

流行には乗れない体質です。

単行本ってジャケ買いにも良いのが特徴ですね。
紙質とすごくマッチしてる。

先日の日記に載せた筒井さんの文庫本は読み終えました。
笑いもあるけど結構ストレートな内容だったな~。
今回は全体的にグレーがかった印象でスタイリッシュ。

身近に感じる環境破壊?

毎日のブログを
「今日は、」
で始めてしまう文才の無い私です、
どうもこんにちは。

ここ一年以上、顔面にクマが居座っております。
半身浴しても一日薄れるだけ。
三日連続正午に起床しても山に帰る気配は更々無く、
コンシーラーにまで牙をむく始末。
青黒いアイツが手に負えません。
山に食料となる実りが失われてきているんですねぇ…

さて
ひきこもった二日間を少しでも取り返そうと今日は、
このブログでもおなじみ、norikoさんとモスで話したくってきました。
オールコスメトーク。
楽しさに比例して物欲急上昇。これはヨロしくないわ~(笑)
次第に「うちらでコスメを立ち上げるなら!」
という話に妄想が・・・。
(追記に移します)


夕方には場所を移動し純喫茶でホットケーキとコーヒーで〆ました。

骨抜きDay

ヤフーニュースより。

獅童が女形、浮気に激怒する妻役


歌舞いてるな~。
これがほんとの「歌舞伎者」ですね(笑)
竹内結子は可哀想だけど。


さて、今日は久々にねこしゃんと
寝ておりました。
私より先に布団に入ってましたよ、珍しく。
私は12時ぴったりに起床。
それまで鳴きもせず引っ掻いて起こしもせず
おとなしく一緒に寝てました。

こりゃ完全に「趣味:ねこ」ですわ~

疑似旅行 疑似勉強

今日は
「コスメブランドにおけるパッケージデザインの重要性」
について書こうと思ったのですが、ギター弾いて、ナーズの地名をマッピングしてたら
時間が無くなってしまったので
次の機会に譲ります。
ちなみにタイムリミットは風呂上がって体が冷えてしまう時が目安です。
ナーズのマッピングは色名を地名検索し、なかったらネットで検索、
場所を特定してプロットしてゆきます。
今日はバビロン(バビロニア:バグダッド南90キロ)や
キリマンジャロ、スラバヤ(インドネシア)、
キー・ラーゴ(フロリダ南東)にてこずりました。


あ、今朝アマゾンから
藤森照信の原・現代住宅再見3
4887062729.01._SCMZZZZZZZ_V40891532_.jpg



が届きました
このシリーズはほんとに面白い。
建築を知らなくてもアートや文化に興味がある人には大プッシュです!!


ナーズルアース

高校生以来、筒井さんの本を購入。
佇むひと―リリカル短篇集 筒井 康隆
4041305268.01._SCMZZZZZZZ_V_.jpg



「それ、話にするか?!」とつっこみたくなる
ネタの拾い方なのに、ちゃんと小説として成立している
、それどころか社会批判から悲哀も含めぐるるっと
まとまってしまうところがすごい。

間違いなく気に入りますよ、ここを読んでる人は。
ただタイトルがよく分からない感じなのが残念。



さて、話は変わって
皆様、グーグルアースって御存知ですか。
少し前からネット上ではにわかに人気が出ている
グーグルの無料ソフトで、
地球儀を回す感覚で世界じゅうのどこでも
クローズアップしたり地形や建物を見たりできるんです、が。


旅行も遠出もほとんどしない私にとっては
ブックマークしたくても、思い入れのある海外なんて
全然無い~~


そこで!



NARSの色名になっている地名を探しては
そこにブックマークしてゆく(ピンを刺してゆく)事にしました!
ナーズの軌跡をたどっちゃうもんね~☆

黄昏のお笑い会。

本日ご紹介する商品はコチラっ!(中川家風に)

-sIMG_3248.jpg



入り口
-sIMG_3246.jpg


屋外の会場なのでこんな感じ~
空のグラデーションはきれい。
-sIMG_3247.jpg


テントの中はこんな感じ。
舞台のセットが抽象的でおしゃれ。
-sIMG_3249.jpg
始まる前にこっそり撮影しました。


そしてライブでは必ず出没すると噂の(?)
maiko'Sメモ。
ネタを速記します,暗い中で,笑いながら。
plan9.jpg

現場に行った人しか分からないであろうメモ。
この日一番のヒットはヤナギブソンの

「前頭葉付いてるんですか!」

というツッコミ!
果敢な感じが好きです。



帰りに梅田の隅っこで洋館らしきもの発見。
コロニアル様式?
-sIMG_3250.jpg


Pagination

Utility

プロフィール

*maiko*

  • Author:*maiko*
  • **コスメは娯楽。Narsは悦楽**

    コスメと建築、お笑い大好き人間。

検索ぷらす

Tree-Arcive

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。